杉並学院(特進)
合格

M.H.くん 武蔵野四中卒
(2017年度入試)

今回の受験は、ぼくの人生においてとても良い経験になりました。

高校受験に向けて取り組み始めたのは、夏休みのころです。それまでは受験生としての自覚が希薄で、なんとなく1日1日が過ぎていくような感覚でした。1か月半の夏休みはあっという間に過ぎ去り、初めて受けた秋の模擬試験で、自分の置かれた立場を思い知らされました。その時点で第一志望だった都立難関校には、いくら手を伸ばしても届きそうにありませんでした。しかしこの時は「次、がんばろう」と思ったくらいで、なかなか気持ちが受験の方に向きませんでした。そのまま時間だけが過ぎていきました。

自分のスイッチが入ったなと感じたのは、冬になってからです。すでに受験まで1か月を切っていました。そこからは、必死に勉強しました。いま思えば、中1のうちから勉強にがんばっておけば良かったです。日頃からこつこつと積み上げていけば、あとで自分が楽になります。夏休みの宿題と同じで、早く終わらせれば後で遊べますが、ためこんでしまうと最後に苦しくなって大変なことになります。中学生になった時点で、すでに高校受験勉強は始まっているのです。

自分の経験を通して、「サボリは禁物」ということを学ぶことが出来ました。次の大学受験では、最初からさぼらず、がんばります。学校の定期テストでは、気合いを入れて勉強し、学年1位を取りに行きます。そして3年後に、第一志望の大学に合格します。

武蔵野女子学院(国際交流コース)(推薦)
合格

H.N.さん 武蔵野四中卒
(2017年度入試)

私は、まさか合格できるとは思えなかった高校に、合格できました。

夏ごろに相談会に参加しました。その時点の成績では、「単願推薦入試の基準を満たしていない。冬までに成績を上げたら基準に届くかも」と言われました。そのため私は、より頑張って勉強するようになりました。

特に、英検3級の勉強に力を入れました。「取れれば成績に加算する」と言わていたからです。ジャムでも英検対策をしてもらい、秋の英検で3級に合格することができました。また、勉強の成績も上がりました。授業や強制自習は休まず、そして週末の自習教室にもできるだけ参加して勉強を続けたら、中3の1学期、2学期とも内申点が上昇し、実力テストでも偏差値が上がりました。

その結果、冬の相談会で「基準に達したと判断できる。単願推薦入試の受験資格あり」と言ってもらえました。入試は作文と面接でしたが、両方ともジャムでしっかり対策授業をしていたので、それほど緊張はしませんでした。

都立調布北高校 杉並学院
合格

N.M.くん 武蔵野四中 卒
(2016年度入試)

サッカー部を引退した夏休みからは、勉強に集中しました。内申点が低かったので、2学期期末試験までは、定期試験対策と受験対策の両方に力を入れました。その甲斐あって、内申点が上がりました。12月からは、受験勉強に集中です。

会場模擬試験では第一志望校の合格判定がC・D・B・D・Cという推移で、なかなか自信を持てませんでした。しかし、「うちの生徒はラストスパートに強い」という塾長の言葉を信じて、ジャムで長時間の勉強を続けたら、受かりました。

創価高校(スポーツ推薦)
合格

K.N.くん 武蔵野四中 卒
(2016年度入試)

野球のシニアチームに所属していた僕は、土日は早朝から夜まで野球漬けで、平日も水泳部の練習で、勉強する時間が限られていました。だから、少ない時間でも能率的に勉強できるジャムに入りました。

高校は、スポーツ推薦での進学を目指しました。中3の夏に、志望校の野球部の練習に体験参加した際、「高校では勉強と部活の両立ができないと厳しくなる」と言われ、基準内申点やその他の条件を示されました。そこで、一気に勉強のペースを上げました。英検3級合格が条件のひとつだったので、頑張って勉強しました。レポートや小論文の課題は、塾長に丁寧に指導してもらいました。その結果、条件をクリアできました。

実技試験には合格できましたが、最後の関門は筆記試験です。たくさんの勉強を続けました。授業と自習で、中3の秋からはほぼ毎日ジャムに通いました。土日の自習教室の際には、昼から夜遅くまで、ジャムで勉強しました。その甲斐あって、合格できました。

日大櫻丘高校 杉並学院
合格

H.I.くん 武蔵野四中 卒
(2016年度入試)

僕は、中1・中2のころ、とても腑抜けた日々を送っていました。遅刻ばかりで、毎日遅くまで遊んでいて授業中はよく寝ていたので、内申点は素点で20しかありませんでした、中2の3学期になって、このままではまずいと、心を入れ替えました。しかし試験ではいい点を取れませんでした。そこで、中3の4月に、ジャムに入りました。6月の実力テストでは、3教科の偏差値は44でした。

2年間ろくに勉強をしてこなかったので、中3の勉強ではとても苦労しました。英語では特に文法と単語を覚えられず手こずりました。数学は応用問題がまったく解けませんでした。それまで2年間の勉強さぼりを深く後悔しました。夏休みからは、授業と自習で、平日も土日もほぼ毎日ジャムで長時間勉強しました。人より多く勉強しないと成績は上がらないと考えて、がんばりました。眠くても、ジャムの先生から叱咤激励を受けながら、気合いと根性で粘りました。その結果、1月の実力テストでは3教科偏差値が60まで上昇。そして、偏差値60近い第一志望校に合格できました。勉強は日々の積み重ねが重要ということ、そして努力は報われるということが、よく分かりました。

後輩の諸君には、僕と同じ過ちと後悔をして欲しくありません。優等生になれとは言いませんが、努力を惜しまず、がんばって欲しいと思います。今回の経験で得た教訓を忘れずに、僕はこれからもがんばっていきたいと思います。

文大杉並高校
合格

N.U.さん 武蔵野四中 卒
(2016年度入試)

私は、スポーツ推薦での高校進学を目指しました。都大会でベスト16まで勝ち進んだ軟式テニスを続けたかったからです。しかし、第一志望校から示された基準内申点には届いていませんでした。

そこでジャムでは、ひたすら内申点を上げるための勉強をしました。定期試験で良い成績を取るために、学校ワークとともに塾の教科書対応のワークを解き進めました。定期試験の前には、可能な限り長い時間、ジャムで自習しました。土日は最初から最後までジャムにいました。その結果、成績アップに成功し、第一志望校に合格することができました。

成績を上げるためには、日頃の勉強に手を抜かず、予習・復習をしっかり毎日さぼらずにやることが大切だと思います。

都立西高校 錦城高校(特進)
合格

S.T.くん 武蔵野四中 卒
(2015年度入試)

中3の1学期は部活動があり、あまり時間がなかったので、平日は学校の授業の復習、土日は受験勉強を進めました。テスト前には、部活動と勉強の気持ちの切替が大切です。夏休みは、1・2年生の内容の復習をやりました。この時期にある程度まで仕上げておくと、後で楽になります。

2学期は、定期テストの勉強と、受験勉強を中心にやりました。自分の実力が分かるので、模試を受ける必要があります。冬休みは、理社を一気に進めて完璧にしておきましょう。3学期は、過去問です。間違えたところをやり直して、どんな問題でも解けるようになっておくと良いです。

ジャムは、受験対策はもちろん、定期テスト対策もしっかりとしているので、とても良いと思います。僕はジャムで勉強して、受験直前の成績は中3の春と比べると、内申点が素点で4、5教科の偏差値が7、上がりました。

都立国分寺高校 錦城高校 早稲田高等学院(補欠)
合格

T.K.くん 武蔵野四中 卒

(2015年度入試)

ジャムに入る前は勉強の仕方が良く分からず、勉強が嫌いでした。しかしジャムでは、先生方が分かりやすく自分のペースに合わせて教えてくれるので、次第に勉強の方法が分かってきました。そうなってしまえば、学力を上げることはそれほど難しいことではないです。僕は、偏差値も内申点も上がりました。特に中3の2学期の内申点は、中2の学年末で比べると、素点で8も上がりました。

大幅な成績アップに成功したので、行きたいと思っていた高校に合格することができました。サッカーのクラブチームに入っていたので、塾に行けない日が多かった僕ですが、ジャムは柔軟に時間割を組んでくれたので、とても勉強しやすかったです。

ジャムは、先生たちが優しく、楽しく勉強をできる塾です。

都立富士高校 八王子高校(文理選抜)
拓殖大学第一高校 西武文理高校
合格

C.K.さん 武蔵野四中 卒
(2015年度入試)

私は、好不調の波が荒い生徒でした。気分が乗るとどんどん勉強が進みますが、ダメな時はまったく進みません。そんな“じゃじゃ馬”な私を、ジャムの先生は見事に乗りこなし、第一志望校合格というゴールへと導いてくれました。

ジャムは、定期試験対策と受験対策の両方を、最適のバランスで進めてくれます。私の内申点は、1学期に1、そして2学期にさらに3上がりました。そのため、第一志望校のランクを上げて、都立富士高校に挑戦することにしました。

1月からは、過去問や予想問をたくさんやりました。解けなかった問題はそのままにせず、先生からヒントをもらいながら、必ず解けるまでやりました。そのため、どんな問題が出ても解けるような気がしてきました。その結果、内申点が「見込みあり」の点数に届いていないにも関わらず、都立富士高校に合格することができました。自分でもびっくりしました。

都立駒場高校(保健体育科)
合格

N.M.さん 武蔵野四中 卒
(2015年度入試)

私は10月まで部活動があったので、できるだけ時間を有効に使おうと工夫しました。たとえば、食事中に英語のリスニングを流しておくなどです。11月までは、中1・中2の復習とともに、内申点を上げるために定期テスト対策に力を入れました。復習は、苦手単元をドリルで強化しました。

1月からはひたすら過去問を解き、問題に慣れるようにしました。過去問は、間違えた問題を解き直してノートにまとめることをオススメします。このノートで、入試前日に最後の確認をすることができました。また、漢字や英単語の暗記は、毎日続けることが重要です。

ジャムスクールは、アットホームな塾なので、安心して勉強に集中することができます。土曜・日曜も自習教室を開いてくれるので、分からない問題をすぐに解決できます。理社の対策もしっかりやってくれるので、志望校合格を目指す人にジャムはオススメです。

都立小平高校(推薦)
合格

N.A.さん 武蔵野四中 卒
(2015年度入試)

中2の終わり頃からジャムに通い始めました。最初は部活との両立が大変で、塾で勉強するのがやっとでした。中3になって部活を引退してからは、勉強しかやることがなくなったので、たくさんジャムに通いました。授業だけでなく土日の自習教室にも参加し、勉強時間が一気に増えました。

頑張ったので、偏差値がたくさん上がりました。入試直前の実力テストの偏差値は、春と比べて、3教科で7、5教科で8も上がり、自分でも驚きました。

受験勉強は辛く、大変な日々でしたが、ジャムは先生と生徒の仲が良くて、通うのが楽しみでした。ここで得た経験を、これからの高校生活でも生かしていきます。

武蔵野女子学院(国際交流コース)(推薦)
合格

K.K.さん 武蔵野四中 卒

(2015年度入試)

中2の夏から、ジャムに通い始めました。武蔵野市の海外派遣事業に応募した際は、海外留学が大好きな塾長に作文や面接の対策をしてもらい、無事合格できました。ロシアのハバロフスクで過ごした1週間は、とても素晴らしい経験の連続でした。

高校は、1年間の海外留学が義務づけられている武蔵野女子学院の国際交流コースに興味を持ちました。家族と相談し、さらに塾長も大いに賛成してくれたので、第一志望校にしました。ジャムで定期試験対策と受験対策の両方にがんばって、基準となる成績をクリアできたので、推薦入試で受験しました。試験は国語と英語の適性検査と面接です。面接は1カ月以上前から想定問題集づくりを開始し、2週間前からは何回も面接練習をしてくれたので、自信を持って試験に臨めました。その結果、無事に合格できました。

ジャムでは、みんな仲良く勉強しています。先生だけでなく、他の中学校の生徒ともいろいろな話ができて、ジャムは楽しい塾です。

都立忍岡高校 上野高校(特α)
合格

Y.N.さん 武蔵野四中 卒
(2015年度入試)

中3でジャムに入塾して、がんばって勉強しました。授業では、苦手な分野は分かるまで徹底して教えてもらい、また自習には可能な限り参加しました。1日10時間くらい塾で勉強する日もありました。その甲斐あって、偏差値は3教科・5教科とも7も上がりました。

秋に、都立忍岡高校を受験することに決め、冬からは都立高校の過去問を開始しました。作文も、塾長がていねいに指導・添削してくれたので、どんどん書けるようになりました。一般入試の対策と同時並行でグループ討論や面接の練習もして、推薦入試も受験しましたが、こちらは不合格でした。推薦入試で合格するのは、やはりとても難しいです。その後の一般入試では、かなり解けたという手応えがあり、しっかり合格することができました。

ジャムでは、じっくりと指導してくれるので、苦手教科の克服ができます。自習にも積極的に出席して、分からない点をどんどん先生に質問して理解を進めていけば、確実に自分の力になります。受験生の皆さん、合格に向けてがんばってください。私は第一志望校に合格し、将来の夢が大きく広がりました。

佼成学園(スポーツ推薦)
合格

R.K.くん 三鷹四中 卒
(2015年度入試)

シニアリーグの野球チームに所属している僕がジャムに入塾したのは、中2の春です。高校では硬式野球部に入部し、甲子園を目指したいと考え、野球の強豪校をスポーツ推薦で受験することにしました。選んだのは、兄が通っている佼成学園です。試験は、まず夏に実技のセレクションがあり、これに合格すると冬に推薦入試があります。そして内申点は、僕の場合は英数国すべてが基準点以上という条件でした。セレクションには合格できる自信がありましたが、英数国の成績が心配でした。

そこでジャムでは、英数国の学校の試験対策に絞り込んで指導してもらいました。僕専用のカリキュラムです。学校の宿題ワークは学校の授業と同時に進め、さらにジャムでは教科書準拠ワークに取り組みました。試験前には、2冊目の教科書準拠ワークを時間の許す限り解きまくりました。その結果、成績が上がり、中3の2学期に英数国の内申点が基準点に届きました。

自分にぴったりの指導をしてくれたので、僕は成績アップに成功し、志望校に合格することができました。ジャムに通ってよかったです。

都立田柄高校
合格

S.A.さん 武蔵野四中 卒
(2015年度入試)

私はダメ生徒でした。欠席・遅刻・宿題忘れが多く、授業中も集中が長続きしないので、成績がとても悪かったです。

「このままでは行ける高校がない」と毎回のように言われ続けたので、中3になってからは、以前よりも真面目に勉強するようになりました。授業中は寝ないようにして、土日の自習教室では4コマ(約6時間)がんばりました。途中で寝たのは1コマ分くらいなので、自習教室では3コマは勉強したことになります。これは私にとって、素晴らしい進歩です。その成果は偏差値に現れました。入試直前の実力テストの偏差値が、春に比べて、3教科で10、5教科で8も上がったのです。

終盤の飛躍的な成績アップで、私は高校に行けることになりました。塾長は、小6の夏から3年半もの間、ダメな私を見放すことなく熱心に指導を続けてくれました。その粘りと根性は、すごいと思います。私だったらそんなことは、絶対にできません。