則竹 信二(のりたけ しんじ)

担当教科 高校生−−−現代文、小論文、プレゼンテーション、面接対策
中学生−−−国語、社会、数学、英語
小学生−−−全教科
出生地 東京都武蔵野市西久保2丁目
居住地 武蔵野市西久保→千代田区須田町→武蔵野市西久保→吉祥寺東町→吉祥寺南町→緑町
学歴 武蔵野市立第五小学校−第五中学校−千代田区立練成中学校
東京都立九段高校(軟式野球部・新聞部・文化祭実行委員長)
成蹊大学(経済学部経営学科マーケティング専攻)
経歴 1981年、広告制作プロダクションに就職(コピーライター・プランナー)
1987年、独立し、フリーに
1988年、学習指導ジャムスクールを武蔵野市境南町3丁目に開設
1989年、学習指導ジャムスクールを武蔵野市西久保1丁目に移転
2008年、姉妹校の個別指導ドルフィンが世田谷区北烏山5丁目にオープン
2013年、学習指導ジャムスクールを武蔵野市西久保3丁目に移転
趣味 映画(居住しているマンションで映画を上映する有志団体の代表)
ラーメン(塾の仕事が終わってからの深夜ラーメンで幸福感を味わっている)
草野球(2チームに参加、ライトの8番でなんとか現役プレーヤーを続けている)
パソコン(ベーシックの時代からのPCユーザー、ThinkPadの分解修理が得意)
鉄道(蒸気機関車の撮り鉄・海外特急列車の乗り鉄)
読書(中学生のうちに、夏目漱石と芥川龍之介と森鴎外の文庫本を全作読破)
音楽(高校生の時にローリングストーンズのコピーバンドでギター&ボーカル)
旅行(欧米の博物館や美術館、テーマパーク、ショッピングセンターなど)
ペット ソックス(白っぽい雑種の賢いメス、栃木で捨てられていた子猫、ネコ愛護団体経由)
クッキー(茶トラのアホなオス、吉祥寺南町5丁目の駐車場で衰弱した子猫を保護)
好きな
言葉

初志貫徹
継続は力なり
臨機応変

国語科
指導方針

国語力とは、論理的に考える力です。だから国語は、すべての教科の基本となります。
たとえば数学の文章題問題は、その問題の意味するところを国語力で理解できなければ、
解くことができません。

また国語力は、適切に表現する力でもあります。この点でも国語は、すべての教科の
基本となります。たとえば各科目の記述問題は、求められている内容を適切に書き
示さないと、正解になりません。

国語ができるようになると、すべての科目で高得点を取れるようになります。しかし、
国語ができないばかりに、すべての科目で成績が伸び悩む生徒が少なくありません。

さらに、社会人になってからも、対人コミュニケーションや文書作成などの際に、国語力は
大きく役立ちます。国語力は、一生のあいだ役に立つのです。

このような国語の重要性を踏まえながら、学習指導ジャムスクールでは、本人の血となり
肉となるような確固たる国語力を身につけられるように、目の前の受験も意識しながら、
長期的な展望の元に国語を指導しております。

小中学生が単科制の塾に通う場合、数学や英語を受講する生徒が多いですが、国語も
同じかそれ以上に重要な教科です。「もしかしたら国語力の低さが、他教科の足を
引っ張っているかも」という場合は、是非とも国語の受講もお勧めします。